オペラ名曲

【アリア解説】パミーナのアリア

更新日:

こんにちは、ミミです。

先日はモーツァルトのオペラ『魔笛』を解説しました。

→魔笛のあらすじは、こちら

→魔笛の解説は、こちら

をご覧頂ければと思います。

更に踏み込んで、魔笛の劇中の特に有名なアリア(歌)の解説をしてみようと思います。

今日は、ヒロインのパミーナのアリア

「Ach,ich füls,es ist verschwunden」

(あぁ、私の喜びは去ってしまった)という様な邦題になります。

この場面は、タミーノが女性と喋ってはいけないという試練の中で、パミーナは事情が分からずに拒絶されたと勘違いし、嘆いています。

更に詳しく見ていきますよ~

あぁ、私は感じます、それが消えてしまったことを。

永遠に、幸せな愛が、私の心には永遠に戻ってこないのです!

見てください、タミーノ、この涙を。

あなたの為だけに流れているのです。

あなたがこの愛の憧れを感じないなら、安らぎがあるのは死の中だけです。

短いですが、音楽はパミーナが震えながら泣いている事が描かれている事を感じます。

死の中にしか安らぎがないので、このあと短剣を胸に刺して死のうとします。

歌詩を知って聞くと、更にオペラアリアが楽しめると思います。

今日は、オペラ『魔笛』からパミーナのアリアでした。

最近の投稿

-オペラ名曲
-, , , , ,

Copyright© ソプラノ歌手ミミの音楽会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.