クラシック音楽

エリック・サティ【有名曲】ジムノペディ

投稿日:

こんにちは、ミミです!

今日は、エリック・サティ作曲のピアノの曲、

『3つのジムノペディ』をご紹介します。

サティはフランス人の作曲家で、ジュ・トゥ・ヴ(あなたが大好き)という歌はシャンソンのジャンルでも歌われ、お耳にしたことのある方も多いのでは

と思います。

3曲のうち第1曲が一番聞かれています。

  

【サティのピアノ曲と歌の曲が収録された6枚組のアルバムは一生もの♪】

   

   

エリック・サティ【有名な曲】ジムノペディ

   

【参考動画:3つのジムノペディ】

     

シンプルで穏やかなメロディー

この“ジムノペティ”とは何を表現しているんでしょう。

古代ギリシャで「ギムノパイディア(ジムノペディア)」という祭典が行われていました。これは、アポロンの神々を讃え、裸体の若者たちが神々の前で踊り、合唱し、詩を朗読するという何日も続く儀式です。

そして、サティはこの祭典を描がいた“壺”にインスピレーションを受けて、この曲を作曲しました。

 

ここに直接載せられる壺の写真がないのですが、ルーヴル美術館のHPで、雰囲気を感じられますよ。ジムノペディを聞きながら、以下のリンク先を眺めるのも楽しいかもしれません♪

ルーヴル美術館のホームページへ → <古代ギリシャ・エトルリア・ローマ部門>

 

ギムノパイディアの祭典自体は大騒ぎで、死人も出たり、大変に激しいものだったそうですが、この曲はとても静かで、遥かなる古代から変わらず時がゆったりと流れていくような・・・そんな印象を受けます。皆様は、どう感じますか?

正解はありません。ご自身の感覚で、自由にこの曲を楽しんで頂けたらと思います^^

ジムノペディ以外にも、サティは沢山ピアノ曲を書いています。そして、風変わりな題名の作品もいっぱい!

『洋ナシの形の3つの小品』とか、『冷たい作品集から、ゆがんだ歌、逃げ出させる踊り』なんて面白い題名で、どんな曲だろう?!と思わせますね。サティがお好きでしたら、検索して聞いてみてください♪

今日は、フランスの作曲家エリック・サティの「3つのジムノペディ」の作品紹介でした。それでは、また!

   

  

【もう少しピアノの曲が聞きたくなったら】

こちらの記事をどうぞ♪

【夏におすすめのピアノ曲】スペインの庭の夜

【音楽用語】協奏曲とは?(この記事の下の方に、ピアノ協奏曲の紹介があります。)

 

参考になればうれしいです^^

  

  

最近の投稿

-クラシック音楽
-, , , , ,

Copyright© ソプラノ歌手ミミの音楽会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.