オペラ名曲

【オペラ名曲解説】喧嘩の二重唱(フィガロの結婚)

更新日:

こんにちは。今日は、オペラ『フィガロの結婚』から「喧嘩の二重唱」と呼ばれている曲を解説します。

オペラの中で喧嘩が起きて、言い合いしている歌があるんですよ!

【このCDなかなか良いかと】

この曲に登場するのは、

  • 主人公フィガロの恋人で、結婚式を挙げる予定のスザンナ
  • フィガロにお金を貸していて、返せないなら結婚するという契約になっているマルチェッリーナ

マルチェッリーナは、女性の召使の中でも一番立場が上、スザンナよりも年も上です。

この二人が、扉のところで鉢合わせになり、言い合いが始まります。

ドアの前でお互いに、どうぞお先にお通りください、と譲り合います。

その後、

マルッチェッリーナは、新しい花嫁さん、なんて呼び、

スザンナは、誇り高い奥様、というように返します。

続いてマルチェッリーナ、

伯爵の愛も受けられて

(素晴らしいわね!)みたいなことを言います。スザンナが伯爵に言い寄られている事を知っているんですね。そして、もちろんフィガロの恋人ですから、それはスザンナにとっては嫌な事、困っている事、マルチェッリーナは嫌味を言っているわけです。

スザンナはそれに対して、

スペインの恋人、と返します。このあたり、スザンナはマルチェッリーナの攻撃に返し切れずにいます。音楽上もそれを表していて、マルチェッリーナはスザンナの言葉にすぐに返すのですが、スザンナは少し間があってから返答しているんですね。後で、同じ言葉でやり取りが出てくるのですが、その部分では、形成逆転しているので、返す早さが逆になっています。(こういうのが、オペラの音楽の面白いところなんです!楽譜上で、この場合は、どちらが優位に立っているかも描かれているんです!でも、よく分からなかったら、気にしないで、音楽をそのまま楽しんでくださいね!)

続いて、マルッチェリーナ:その人柄、その立場に!

あなたは本当に人柄が良くて魅力的で素敵ね!なんて嫌味攻撃を続けます。それに対して

スザンナ:そのお衣裳に、、、そのお年に!!

スザンナは目上のマルチェッリーナに“年齢”の事を言ってしまいました。するとこれが攻撃として効果があり、

「悔しい!これ以上ここに居たら、逆転されてしまう…」と打撃を顕わに

その様子を見たスザンナ

「占い師のおばあさん、笑わせてくれるわねwww」

と、余裕がでてきました。形成逆転です。今度は同じ言葉ですが、スザンナがどんどん攻撃していきます。そして止めの、“お年ですわね”という発言を繰り返します。

この言葉は、L’eta`(レタ、と日本語なら聞こえます)

etaとはイタリア語でそのまま、“年齢”のことです。きっと聞き取れると思いますよ。

悔しそうなマルチェッリーナ、笑わせてくれるわね!と勝利に歌うスザンナ(高音部の音形はスザンナの笑い声を表しています)

二人の歌う内容も、全然違うリズムや音ですが、合わさったハーモニーはモーツァルトの音楽らしく、とても心地よいものです。

(ちなみに、この重なり合った複雑性が脳には良い刺激になるみたいですよ)

ぜひ、音楽の方を聞いてみてくださいね。

最近の投稿

-オペラ名曲
-, , , , ,

Copyright© ソプラノ歌手ミミの音楽会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.