オペラ名曲

【アリア解説】パパゲーノのアリア

更新日:

こんにちは。

先日から、モーツァルトのオペラ『魔笛』を解説しています。今日は、パパゲーノのアリア(歌)を紹介します。

パパゲーノは “鳥刺し” という鳥を捕まえる仕事をしています。古くからヨーロッパにある職業で、イソップ童話にも出てきたりするそうです。鶏のお刺身ではないですよ。。はいはい。と。

『魔笛』のお話自体をまだよく知らないな、という方は、以下をご覧頂ければと思います。

『魔笛』の登場人物とあらすじ

『魔笛』の詳しい内容解説

【魔笛のCD全曲版(=ノーカット版)大スター勢揃いな豪華なキャスト】

Das vogelfränger bin ich ja

俺は鳥刺し、いつも陽気に、ハイサ、ホプササ!(掛け声)
国中皆が知っている、若い人も年寄りも
おびき寄せるのも、笛を吹くのも得意だよ。
いつも陽気で元気なんだ。鳥はみんな俺のもの

若い女の子を捕まえる網が欲しいよ。
そしたら、沢山捕まえるんだ。女の子はみんな俺のものだ。

女の子がみんな俺のものなら、砂糖をあげるよ。
好みの子には、特にすぐにね。
彼女が優しくキスしてくれたら、奥さんにして、俺は彼女のものだ。
俺の隣で子供の様に寝かせてあげるよ。

パパゲーノの自己紹介的なアリアです。パパゲーノにとって甘いお砂糖はとっても大切なものなんでしょうね。

“ich bin”  は、ドイツ語の “私は” という意味です。この曲では「おいら」と訳されることが多いと思います。「僕」「おれ」などニュアンスが変わりますね。素朴な雰囲気を出すために「おいら」と使われるということかなと思います。お好きな様に感じて頂ければと思います。

最近の投稿

-オペラ名曲
-, , , , , ,

Copyright© ソプラノ歌手ミミの音楽会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.