オペラ名曲

二重唱【椿姫】ヴィオレッタ&アルフレード

投稿日:

こんにちは。ミミです。

ヴェルディのオペラ『椿姫』の解説を続けています。

序曲からアリアからコーラスから、珠玉の名曲揃いのこのオペラ、

今回はドュエット(二重唱)に焦点を当ててご紹介してみようと思います。

  

  

デュエット【椿姫】ヴィオレッタ&アルフレード

『椿姫』第1幕での2人の掛け合いです。

アルフレードがヴィオレッタに一目ぼれした日の事を熱く伝えますが、

ヴィオレッタは、私を避けてください、とあしらいます。

 

(アルフレード)
一年前からです。
幸せに満ちた様に、私の前に稲妻のごとく現れました。
その日から、私は震えながら、未知愛に生きてきました。
その愛はときめき、宇宙の鼓動
神秘的で気高く、心に苦しみと喜びをもたらすのです

  

1年前にヴィオレッタに出会い、その印象は稲妻の様に衝撃的なものだった、と話しています。「その愛は宇宙の鼓動~」という詩は、

この次の場面で、この言葉を受けて同じメロディーでヴィオレッタのアリアで繰り返されます。(詳しくは、【「花から花へ」の解説】をご覧頂ければと思います♪)

  

(ヴィオレッタ)
それなら、私を避けてください。友情のみを差し上げます。
私は愛を知らない、あなたの尊い愛を受ける事はできません。
正直に申し上げますわ。
他の人を探してください、そうすれば、
私を忘れることも容易いでしょう。

   

愛を知らない自分のようなものに、あなたの純粋な愛は受け取るに値しない、と返しています。

しかしこの後、アルフレードの愛に心動かされたヴィオレッタは、病気の療養も兼ねて2人でパリから離れた静かな田舎で暮らし始めます。3か月後の日から第二幕がスタートします。

  

最近の投稿

-オペラ名曲
-, , , , ,

Copyright© ソプラノ歌手ミミの音楽会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.